トップページ >  ニキビの種類 >  赤ニキビ

赤ニキビの特徴・原因とそのケア方法

毛穴が皮脂や汚れ、古い角質などで詰まるとニキビになります。ニキビには様々な種類があり、毛穴が詰まったニキビが悪化し細菌などに感染して炎症を起こした状態を赤ニキビと呼びます。その名の通り赤く腫れているので目立ち、触れると痛みを感じるのが特徴です。

赤ニキビができてしまう主な原因は、常在菌のアクネ菌にあります。常在菌とは普段から肌に存在している菌で、雑菌の繁殖を抑えて肌を弱酸性に保つなどの働きがあり、肌に悪い影響を与える菌ではありません。ところが、疲労や精神的なストレスでホルモンバランスが乱れるなどの原因で皮脂が過剰分泌されると、皮脂を好むアクネ菌が繁殖してアクネ菌が作りだす物質が肌に炎症を起こします。

スキンケアは基本的に肌の水分量を増やし、水分が逃げないようにしっかり保湿するのが大切です。ただし、赤ニキビにまで悪化してしまうニキビができてしまう肌は、皮脂の過剰分泌によって毛穴が詰まりやすくなっているのに加え、バリア機能が低下して刺激に弱くなっています。そのため、スキンケアを行う際には刺激を与えないよう注意が必要です。さらに重要なのは、肌が正常なターンオーバーを行えるよう、ストレスや疲労を溜めないようにするのが重要です。ストレスはホルモンバランスを乱すだけでなく、睡眠の質も低下させニキビを悪化させる要因になります。赤ニキビを気にしすぎることもストレスになりますので、皮膚科などで専門家である医師に相談する方法もあります。