トップ > ニキビ部位別要因 > 背中ニキビ > 背中ニキビの原因とそのケア方法

背中ニキビの原因とそのケア方法

背中にブツブツとしたニキビが出来てしまう原因は、肌の乾燥と毛穴に汚れが詰まることで起こります。お風呂に入った時にナイロン製のボディタオルで体をゴシゴシこすって汚れをしっかり落とそうとする方は多いですが、硬めのボディタオルで肌を擦ると肌表面の保湿を担っている角質が剥がれてしまうため、お風呂から上がると皮膚内の水分が蒸発してしまい乾燥しやすくなります。これにより肌コンディションが悪化してニキビの原因となります。 また、シャンプーやトリートメントを行った後に背中に汚れが付着したままになると、毛穴に汚れが詰まる原因となるため、皮脂や角質汚れと一緒に毛穴の中で雑菌が繁殖することで背中ニキビとなってしまいますので、自宅で行えるケア方法は背中をはじめ、体を洗う際には泡だてネットでボディーソープや固形石鹸をしっかり泡立ててから、泡で体を撫でるように洗うだけでも肌表面の汚れや、古い角質や皮脂汚れは充分に落とすことが出来ます。 乾燥肌気味の方は、石油系の界面活性剤が含まれている洗浄力の高いボディーソープを利用するよりも、肌に負担がかかりにくい低刺激のボディーソープや固形石鹸を利用すると、洗い上がりも肌がしっとりとして乾燥を抑えてくれます。どんなに保湿効果の高い洗浄料を利用しても、湯上がりに保湿ケアを行わないと皮膚がどんどん乾燥してしまうので、スキンケアローションやボディーミルクを使用して潤いを閉じ込めるお手入れを行うことで、乾燥を防いで肌荒れや背中ニキビの原因をなくすことが出来ます。 上記のお手入れはきちんと行っているのに背中ニキビがなくならないという場合は、背中の産毛の処理をきちんと行っていないことが原因の可能性があります。産毛にはホコリや外気の汚れが付着しやすく毛穴に汚れが入り込む原因となるため、エステサロンなどで背中のムダ毛脱毛を受けると肌が綺麗になり、ニキビを防ぐことが出来るようになります。

Shinobi記事そのまま加工なし 背中にブツブツとしたニキビが出来てしまう原因は、肌の乾燥と毛穴に汚れが詰まることで起こります。お風呂に入った時にナイロン製