胸ニキビの原因とそのケア方法

胸や肩甲骨回りは皮脂の分泌が多いのが原因で大人になってから胸ニキビに悩まされることが多いことが知られています。繰り返しできやすく、跡が残りやすいというデメリットがありますので普段から注意が必要です。下着の摩擦も受けるため、ニキビができやすいのです。 スポーツや夏の暑い日に汗をかいたらこまめにシャワーを浴びるか、デオドラントティッシュで汗を拭きとるようにします。毛穴のつまりも胸ニキビの原因になります。タンクトップやブラジャー、シャツなど様々な素材が素肌に摩擦を与えてしまうことも悪化させる原因になります。特に背中は胸よりもシャンプーやボディソープのすすぎ残しが目立ちます。しっかりシャワーで洗い流さなくてはなりません。毛穴を詰まらせてしまいます。ホルモンバランスが乱れたり、脂っこいものばかりを食べている時にも顔のニキビと同じく胸ニキビができやすくなります。着替えをしっかりと行い、寝具も定期的に洗濯をするなど衛生面でも気を付けることが大切です。 汗とりパッドを使う、シルクや綿の素材の下着を着用する、体や頭を洗う時にはすすぎを徹底する、しっかりと睡眠時間を取り、栄養のある食事をとるといった行動が胸ニキビを予防することにつながります。皮脂は顔、胸、背中の毛穴から多く分泌されてしまうので胸ニキビや背中ニキビが出てしまうのもある意味仕方がないのですが、デコルテがあまり開いていない洋服やパジャマを着ることで寝具との摩擦を避けることができます。 ボディジェルを使うのもおすすめです。皮膚を清潔にし、保湿を行うことは肌をきれいに維持することにつながります。お風呂上りにヒアルロン酸、プラセンタといった美容成分たっぷりのジェルを塗ることで摩擦を予防し、乾燥を防ぎ、肌をきれいに保つことができるようになります。胸元にも汗とりパッドを使ったり、ニキビ専用石鹸を使って体を洗うのも効果的です。タオルで汗をふくときには皮膚をこすらないように注意してください。