トップ > ニキビ部位別要因 > 眉間ニキビ > 眉間ニキビの原因とそのケア方法

眉間ニキビの原因とそのケア方法

顔にできるニキビといえば、鼻や顎などが思い付きやすいですが、対策のいかんによっては頬全体に発生することもあります。意識して対策することの多い鼻や顎のニキビに対して、頬のニキビは対策を怠りがちになるため、まずは基本的に考えられる原因をしっかりと把握した上で、それに見合ったケアを意識して行うようにしましょう。 頬のニキビは、他の場所にできるニキビの原因と共通することがほとんどです。すなわち、肌の不清潔さからくる毛穴の炎症やアクネ菌の増殖、肌の乾燥などの直接的なもの、あるいは栄養の偏りや日々のストレスなど間接的なものまで様々な原因が考えられます。そのため、頬のニキビが繰り返して発生するような場合には、まずは生活習慣を見つめ直すことによって、考えられ得る原因のうちどれが関係しているかを明確にすることが重要となります。 原因が特定できたら、それに対応したケアを実施していきます。ここで大切なのは、ニキビが発生してから慌てて実施し始めるのではなく、あくまで未然に防ぐことを意識することです。もちろん、ニキビが発生してから、それを早く消失させるためにケアを行うことも大切ですが、それは根本的な解決にはならず、再発してしまうのが目に見えているため、ニキビが出来ないような肌の環境を整えるようにしましょう。 具体的なケアとしては、肌に対して直接的に行うものと、肌の内側から行うものの二つに大別されます。前者としては、肌の潤いを保つことや、毎日の洗顔で清潔さを保つこと、定期的に皮膚科の定期検診を受けることも効果的です。後者としては、栄養のバランスを考えた食事を心掛けることや、こまめにストレスを発散して溜め込まないことなどが挙げられます。先述した通り、頬のニキビのケアは鼻や顎のニキビよりも怠りやすいため、特に意識して継続することが重要です。また、十分なケアを行っていても完全にニキビが発生する可能性を無くすことは出来ないため、万が一頬のニキビが発散してしまった場合には、それが悪化しないようにケアすることも意識しておきましょう。

Shinobi記事そのまま加工なし 顔にできるニキビといえば、鼻や顎などが思い付きやすいですが、対策のいかんによっては頬全体に発生することもあります。意識して