トップページ >  ニキビ跡の種類 >  クレーター状ニキビ跡

クレーター状のニキビ跡の原因とそのケア方法

クレーター状になったニキビ跡、凸凹ニキビ跡はニキビによる炎症のダメージが肌の真皮層にまで及んでいることが原因です。肌の状態を健やかに保つターンオーバーは、肌の表面と真皮層、そのどちらのバランスも整っていることが必要です。そのため真皮層にダメージが及んでしまっているとターンオーバーも正常に行われなくなり、それによりニキビ跡がクレーター状や凸凹になって発生しやすくなってしまいます。またダメージを受けた皮膚組織は自然と回復しようと働きますが、肌にダメージが発生し真皮層が傷ついている状態では元のようにきれいな状態では回復されにくいと言うのも原因です。このような状態に対するケア方法ですが、ひとつはクリニックにかかることが挙げられます。クリニックにかかると専門的な治療を受けることができるので、高い効果が期待できます。またこのような状態になってしまう前に、ニキビの状態として酷い場合にクリニックでニキビ治療を受けることはニキビ跡を防ぐことに効果的です。それからコラーゲンを利用するのも効果的なケア方法です。コラーゲンは肌の弾力、ハリに関係している成分です。そのため摂取することで肌の内側からハリが取り戻され、それによりクレーター、凸凹になったニキビ跡が回復されることが期待できます。またポリフェノールやビタミンC誘導体も適した成分です。このふたつは、共に肌に深いダメージを与える活性酸素を抑制する抗酸化力に優れています。そのため真皮層のダメージを改善し、ニキビ跡にも良い作用をもたらしてくれます。加えてビタミンC誘導体はコラーゲンの生成に対する作用もあるので、更にニキビ跡に効果的だと言えます。