トップページ >  ニキビ部位別要因 >  お尻ニキビ

お尻ニキビの原因とそのケア方法

お尻は、胸や背中ほどではありませんが、皮脂分泌が多い場所ですし、下着などの衣類で摩擦を受けたり、蒸れやすい部分なので、皮膚の角質が厚くなってしまい、雑菌が増殖して、お尻ニキビが出来やすい部分です。 お尻ニキビは、皮脂分泌が過剰になってしまい、毛穴が詰まるのが原因ですが、精神的なストレスや疲労、睡眠不足などで、体の免疫力が低下した時も、お尻ニキビが出来やすい傾向があります。 お尻ニキビのケア方法を知っておきたい人が多いですが、入浴時にはお肌に負担の少ない素材の、タオルを使用して、無添加でお肌に優しい石鹸を使って、丁寧に洗うことが大切です。 お風呂の椅子などには、雑菌が付きやすいので、お湯できれいに流してから、座ることが大事です。 シャンプーや、石鹸などの成分が残っていると、お尻ニキビが悪化しやすくなるので、シャワーできれいに洗い流しておくことが大事です。 ニキビが出来やすい肌質の人は、皮脂分泌が過剰になっていますが、水分量は不足している人が多いため、入浴後はお肌がとても乾燥しやすいので、お尻ニキビ専用のクリームを使って、きちんと保湿をしておく必要があります。 お尻ニキビが出来てしまった時は、自分で潰さないようにして、早めに皮膚科を受診する必要があります。 皮膚科では、内服薬や外用薬を処方してくれるので、しばらくは根気よく続けることが大事です。 お尻は普段から、衣類や下着で覆われているので、蒸れやすい部分なので、通気性の高い衣類を着用することが大事です。 精神的なストレスが多い人や、睡眠不足気味の人は、皮膚のターンオーバーが遅れがちになるので、なるべく早めに就寝を心掛ける必要があります。 お尻は体の部位の中でも、ニキビが出来やすい部位なので、入浴時には鏡でチェックする習慣を付けて下さい。 お肌が乾燥すると、お尻ニキビが悪化しやすいので、日頃から保湿を心掛けることが大事です。 不衛生になりやすい部分なので、日頃から清潔を保ちましょう。