トップページ >  ニキビの種類 >  黄ニキビ

黄ニキビの特徴・原因とそのケア方法

皮脂や古い角質、メイク汚れなどが毛穴が詰まり、そこに常在菌のアクネ菌が作用することで起こるのがニキビです。
ニキビは症状によっていくつかの種類に分けられますが、基本的にニキビができる原因は同じです。毛穴が詰まると、本来ならば毛穴から分泌されるはずの皮脂が毛穴に詰まり、表皮の下に溜まります。

皮脂によって毛穴が盛り上がる白ニキビと呼ばれる状態で、この時点で適切なケアを行えばニキビ跡などが残らずきれいに治ります。

毛穴の中に存在するアクネ菌が、溜まった皮脂で増殖して炎症が起きているのが赤ニキビです。盛り上がりが赤く腫れ、痛みを感じるようになります。

赤ニキビが進行して毛穴の中に膿がたまると、黄色い膿が見えることから黄ニキビと呼ばれます。ニキビがかなり悪化した状態で、アクネ菌に加えて黄色ブドウ球菌までも毛穴の中に侵入し増殖しているため、適切な治療を行わないとクレーターのようなニキビ跡が残ることも少なくありません。

黄ニキビのケア方法は、不必要な皮脂を取り除く丁寧な洗顔と、肌の調子を整えるため十分な保湿です。しかし、白ニキビなどの軽度のニキビと違い、黄ニキビは重症化したニキビですので、皮膚科などの医療機関で治療を行うのが最善です。

クリニックでは、患部の炎症を止めるための抗生物質などが処方されます。身体の内側と外側の両方からケアすることで炎症を抑え、症状がさらに悪化するのを防ぎます。美容皮膚科などでは、ホルモンバランスを整えるホルモン療法や、レーザー治療などを選ぶことも可能です。