トップ > フェイシャルエステサロンでの施術方法 > 光フェイシャル > 光フェイシャルでニキビ・ニキビ跡にアプローチ

光フェイシャルでニキビ・ニキビ跡にアプローチ

光フェイシャルは、肌に特殊な光を当てることで、肌内部に刺激を与え、加齢や紫外線の影響によりダメージを受けたシミやシワ、ニキビ、毛穴の開きなどの肌トラブルの元に直接アプローチするケア方法で、フォト美顔とも呼ばれる方法です。

光を照射する専用の機器が必要となるため、エステサロンや医療機関でしか受けることができない施術です。

光フェイシャルの主な効果

光フェイシャルを行うことで、主に以下の3つの効果が期待できます。


肌のターンオーバーを正常化させ肌トラブルのない肌環境に整える

肌はターンオーバー(新陳代謝)を行うことで、一定サイクルで肌の生まれ変わりを行われています。

このサイクルが、加齢やストレスなどの影響で乱れてくることで、シミやシワ、ニキビなど様々な肌トラブルを引き起こす原因になります。 光フェイシャルを行うことで、肌のターンオーバーの乱れを正常化させ、肌トラブルのない肌へ整えることができます。


肌内部でのメラニン生成を抑え、ニキビ跡の色素沈着をケアする

ニキビ跡はメラニン色素の沈着が原因の1つです。光フェイシャルは、その原因であるメラニンのみにダメージを与えることができ、メラニン生成を抑制する働きがあるため、ニキビ跡の色素沈着ができにくい肌に整えることができます。


肌自身のコラーゲン生成の増加により、肌をリフトアップさせる

光フェイシャルで、肌細胞を刺激することで、肌細胞のコラーゲン生成が促進され、肌の弾力・ハリの元であるコラーゲンの生成量が増加します。

ニキビ跡、特にクレーターのように肌表面が凸凹になった肌は、肌の真皮層がえぐられている状態にあります。肌のコラーゲンの生成を増加させることで、この真皮層の再生につながり、肌をリフトアップさせる効果が期待できます。その結果、肌表面の凸凹も少しずつ抑えることができます。


光フェイシャルは、繰り返すニキビ肌をニキビができにくい肌環境に整えるだけではなく、元々あるニキビ跡の色素沈着やクレーターニキビにもアプローチすることが期待できます。

光フェイシャルは1回の施術でも効果を実感

エステサロンでの光フェイシャルは、1回施術を受けるだけでも、シミ、くすみ、毛穴の詰まり、毛穴の開きなどに対して効果を実感できます。ただし、その効果の持続性はあまりないため、根本的に肌トラブルのない肌にするには、継続して施術を行う必要があります。

特に、ニキビ跡の色素沈着がクレーターニキビなどは、肌質を改善させるためには、1回の施術では難しく、継続して施術を行う必要があります。

光フェイシャルは、基本的に肌周期に合わせて1ヶ月に2回行うのがおすすめです。 肌に当てる光も、レーザーよりも力が弱いマイルドな光なので、肌への負担も少なく、痛みもほとんどありません。

肌に当てる光にも種類があり、肌悩みによって使い分けています。 また、光を照射する際には、肌悩みが気になる部分に照射することで、よりその部分の美肌効果が期待できます。

光フェイシャルは、肌に特殊な光を当てることで、肌内部に刺激を与え、加齢や紫外線の影響によりダメージを受けたシミやシワ、ニキビ、毛穴の開きなどの肌トラブルの元に