トップ > ニキビ跡の種類 > 赤みのあるニキビ跡 > 赤みのあるニキビ跡の原因とそのケア方法

赤みのあるニキビ跡の原因とそのケア方法

赤みのあるニキビ跡の原因ですが、これは肌が炎症を起こしてしまっていることです。また肌には炎症が起きるとそれを自分で治癒しようとする力があります。その際には毛細血管が集まりやすくなり、それが肌から透けて見えているのも赤みがあるニキビ跡の原因です。このような状態へのケア方法ですが、ひとつは肌の新陳代謝であるターンオーバーを整えることが効果的です。肌が炎症を起こしているとメラニン色素が活性化され、それがニキビ跡として残ることもあります。ですからターンオーバーを整え、メラニン色素を古い角質と共に剥がれ落ちるようにしていくと、この状態も改善されていくことが期待できまする。ターンオーバーの周期を整えるためには、睡眠をしっかりととり肌を保湿することが重要です。そしてこの保湿の際には、甘草エキスが含まれた化粧水などを利用するのもケア方法です。甘草エキスには抗炎症作用があり、また自然由来の成分であることから肌に負担をかけにくく、無理なく赤みのニキビ跡に対するケアを行うことができます。加えてグリチルリチル酸ジカリウムが配合された化粧水などもおすすめです。こちらはもとは甘草エキスのもとである甘草、その根から抽出される成分が元になっています。そのため甘草エキス同様、炎症に対する効果が期待できるとされています。そしてもうひとつ、利用したいのがビタミンC誘導体の配合された製品です。ビタミンC誘導体には抗炎症作用、またそれによるメラニン色素の分泌を抑制することにも作用が期待できます。更に肌を健やかに保つためのコラーゲンの生成にも役立つので、ケアには是非とも利用したい成分です。

Shinobi記事そのまま加工なし 赤みのあるニキビ跡の原因ですが、これは肌が炎症を起こしてしまっていることです。また肌には炎症が起きるとそれを自分で治癒しよ