トップ > ニキビ跡の種類 > 茶色シミニキビ跡 > 茶色シミが残るニキビ跡の原因とそのケア方法

茶色シミが残るニキビ跡の原因とそのケア方法

肌の悩みとしてニキビ跡などに茶色のシミができることがあります。シミというのは皮膚の薄い部分にできるのですが、皮膚の中にあるメラノサイトがそのもととなるメラニンを作り出しています。原因は紫外線であり紫外線を浴びるとメラノサイトはメラニンという色素を生成して紫外線から肌を守ろうとするのです。 通常であればターンオーバーによって表皮の細胞分裂によって徐々に角質に変化してはがれ1ヶ月程度で消えてしまうのですが、長時間紫外線を浴びてしまう、強い紫外線を浴びてしまうとメラノサイトの数が増えてしまし、メラニンが活発化してしまいます。またニキビ跡といった肌への過度の刺激がある、加齢など肌の老化によってターンオーバーのサイクルが乱れてしまうとメラニンが滞留してしまい色素沈着となりシミとなってしまうのです。 メラニンがシミとなってしまうのですが、肌を守るためには必要なもので紫外線を長時間浴びてしまったり、強い紫外線を浴びてしまうことが原因なのです。シミができてしまったら肌に対してケアを行う必要があります。その方法として肌の内側や外側からケアを行う方法があります。 効果のある美白成分としてはトラネキサム酸、ビタミンC誘導体を内服するという方法です。服用を続けることでとても効果があります。ハイドロキノンは酸化を抑える還元作用があり、美白成分として化粧品などにも利用されているものです。メラニンの生成を抑制してシミの予防にも効果があると同時にできてしまったシミの解消にも効果的なのです。

Shinobi記事そのまま加工なし 肌の悩みとしてニキビ跡などに茶色のシミができることがあります。シミというのは皮膚の薄い部分にできるのですが、皮膚の中にある